海外の田舎暮らしに至る道のり

海外での生活を志す人への適切なアドバイスや快適に暮すうえでのポイントなど

2014年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

サイトコンテンツページ

運営者プロフィール

【名前】

家里 明日乃

【住所】
神奈川県横浜市神奈川区平川町
【年齢】
26歳
【職業】
スーパー店員
【趣味】
乗馬
【メール】
u80bkvyg@yahoo.co.jp

更新情報

海外の田舎暮らしは最高だ


私は都会で生まれ都会で育ちました。

都会で仕事を見つけて働いていたのですが、急に転勤の話が出たのです。

転勤先は海外支部でした。

私は海外支部で働きたいと思っていたので、私が名乗り出たのです。

従って私が海外支部に転勤したんですよ。

私は飛行機で海外に自分の荷物と共に飛び立ち、海外に到着すると直ぐに賃貸を購入したのです。

賃貸を紹介してくれた人はとても優しい人でした。

その人は田舎の物件を紹介してくれました。

そこは賃貸の中でも非常に安く、しかも広大な地形だった。

なので私は一目で気に入り即購入したのだ。

今でもそこに住んでいます。

しかも近くに住んでいる人々は私に良くしてくれています。

何より会社が自分が住んでいる場所からすぐの所にあるので非常に助かっています。

私は自分の荷物にスピードラーニングがあるのでそれを一生懸命勉強しました。

何故なら早い事地元の人と英語で会話したいからです。

そして一生懸命勉強した甲斐あって今では難なく外国人とコミュニケーションを取っています。

おかげで私は海外で100人もの友達が出来ました。

これは何と素晴らしいことでしょう。

自分が勤めている会社は経営が上手くいくようになったので、今では私の資産が7兆円にもなっています。

それに月に5回ほど私は海外で友達になった100人を自分の自宅に招きパーティを開いているのです。

本当に海外の田舎暮らしは最高だ。

会社が上手くいき、資産も十分すぎるほどあるのでお金には困らないし、何より友達が沢山出来たし月に5回ほどパーティを開いているし、とても充実した暮らしをしています。

今思えば私が以前勤めていた転勤話で私が自ら手を挙げたのが私の転機だったかもしれませんね。

アナタも私みたいに海外の田舎で優雅に暮らしてみませんか?

私みたいにと言いましたが、人それぞれですから私のようにはなれない人も居るかもしれませんが、以前よりもリッチな暮らしは出来ますので、その暮らしを海外の田舎で目指してみませんか?

Copyright(C)2014BOULEVARDCLAMS.COMAll Rights Reserved.